好みの銭湯

銭湯は大好き。あちこちの銭湯を渡り歩いているが、拙宅から歩いて(走って/自転車で)行ける範囲内で、好みの銭湯は以下のようだ。

豊中市庄内の「五色」(夢の公衆浴場・五色のWebサイト)。「日本一」を自称する巨大な銭湯、広さはほんとうに日本一。庄内というと、拙宅からは、淀川と神崎川を越えて8kmほどの距離。格好のジョギングコース^^ではあるのだが、仕事終わりの深夜では帰路(湯上がり後)の交通機関が無いため、自転車で行く。

阪神尼崎センタープール前「みずきの湯」。低温炭酸泉と、強力なジャグジーで肩こり(持病の頸椎ヘルニア)を癒やせる。阪神尼崎には「戎湯」という老舗もあり、ここも良い(尼崎の人情銭湯「築地戎湯」)。拙宅から尼崎まではやはり8kmほど。排気ガスがすごいのでジョギングには向かないが、車の少ない日曜の朝に国道43号線を自転車で爆走すると気分爽快。

下にも記した「新世界ラジウム温泉」。新世界というと「スパ・ワールド」が有名だが、料金が高いし、好みではない。銭湯の風情を楽しめるのは、こちら。休みの日に通天閣までジョギングしたあとにここで汗を流す(先に記したとおり)。また、新今宮駅は通勤経路でもあり、帰路にときどき、立ち寄ることもある。