購買力平価

キンキンに冷えたアサヒ・スーパードライが恋しくなってきた。と思いきや、田舎町(バッキンガム)の小さなスーパーに、スーパードライの大瓶(633ml)が置いてあった。しかも、2ポンド=300円だから日本よりかなり安い。

中華料理屋で “A pint of bitter” と注文したら、しかめ面をして “We don’t have bitter, lager only” と言われたので、”What kind of lager?” と聞いたら “チンタオ” と誇らしげな返答。中華料理屋等の「民度」はまだまだ低いようだ。

12年前に借りた家は月625ポンドだった。いま交渉中の家は月795ポンド。住宅価格は上がっているが、円/ポンドレートが200円から150円に下がった(円高)ので、結局、円ベースでは変化なし(今のほうがすこし安いくらい)。

12年前は、商品の値段(ポンド)を2倍して100をかければ円換算できた。いまは、150倍しなければならないので暗算がちょっとしんどい。

まだ、こちらに来てから10日ほど。この国はまさに Merry England 道ですれ違うだけで見知らぬ者どおしが会釈しあい微笑みあう。すでにいろんな人と語り、笑いあった。そして、すでにもう、一年先のことを想像して、憂鬱な気持ちになっている。一年先には日本に帰国せねばならない。この国をあとにする寂しさと、達成感の乏しさ。今回はせめて後者を極小にして日本に帰国したい。