テレビ

海外で暮らすと、なぜか、紅白歌合戦を見たくなる。以前は見られなかったのだが、今回はすでに視聴準備を完了している(竹原ピストルとエレファントカシマシは見逃せないよ^^)。

まぁ世の中便利になったもので、海外からでも(おカネをかけずに)紅白歌合戦をカンタンに楽しめる。日本国内からiPlayerでBBCを見るのとちょうど逆のことをやる。つまり、NHKオンデマンドの視聴契約をして、日本国内の代理サーバ(インターリンクなど)からアクセスすればよい。

ところで、英国のテレビというとBBC、これ以外の「民放」は実質的にはITVのみ。しかし今回は、テレビ番組がとても退屈で、「手抜き」が多くなったように思えてならない。おそらく、英国でも、テレビはどんどんつまらなくなっているのではないだろうか。

なにより、13年前とまったく同じ番組が多すぎる^^。「クエスチョン・タイム」「ハード・トーク」など、中身も司会者もまったく変わらない(討論番組なのでテーマはもちろん毎回ちがってはいるけれど)。

また、看板のBBCドラマがつまらない。これはほんとうに残念なこと。というのも、13年前、BBCドラマには、まことに、泣きに泣かされたものだったから^^。「ケンブリッジ・スパイ」では、ソ連のスパイとなったケンブリッジ出身のエリートたちが祖国を追われる船上で号泣、祖国イングランドの名を何度も叫ぶラストシーン。「カサノバ」では情緒たっぷりのヴェニスの描写、これの挿入歌は未だによく口ずさむものだが・・・などなど。しかし、最近のBBCドラマにはヒット作が見当たらない印象。日本でも人気の、ベネディクト・カンバーバッチ+マーティン・フリーマンの「シャーロック」も、ネタがつきた感は否めない。

クイズ番組が多いのも日本と共通した傾向。ただし「東大王」や「有名大学対抗戦」などという(くだらない^^)ふれこみは、こちらではいっさい見当たらない。ふつうの人たちがそれぞれの職業を名乗り、知識を競い合うという印象。アファーマティブ政策(積極的差別是正主義)によるところも多少はあるのかもしれないけれど、たとえばオックス・ブリッジの現役学生などが出てきても、だいたいは、どこぞの小学校の先生あたりにコテンパンに負けているので、特別扱いをする意味がないようだ。

昨日の夕刻にたまたま見ていた「ポイントレスpointless」というクイズ番組。さまざまなことに関して100人にアンケート調査を行った結果が、出題となる。写真は、日本に関することがら(富士山、新幹線、本州、武士道、京都)で、イギリス人100人のうち知っている人がもっとも少なかったのはどれかを言い当てる問題。武士道はほとんど知られておらず、新幹線や京都がよく知られている(といっても6割弱)。

なお、BBCの予算が少ないかというと、そうでもないようで、BBCの事業収入は7440億円(75%が受信料収入)。NHKの事業収入は6868億円(96%が受信料収入)。人口が2倍の日本の国営放送のほうが予算が少ない(1ポンド=150円で換算)。