ディープラーニングでピンボケ修正

↓の続きで、写真への応用例。ディープラーニングでピンボケを修正しようという試み(こちらのサイト)。

GAN with Keras: Application to Image Deblurring というのが、もとの研究題目。blurがボケ、頭にDeがついて「ボケをなくす」という動詞になり、尾っぽにingがついて動名詞「ボケをなくすこと」となる(中学英語の復習)。しかし、↓のと同じ印象で、研究の意義がよくわからない(もちろん、一部の産業利用や特定の職種には便利な機能だろうとは、わからなくもないけれど・・・)。

もう10年近く前から、カメラは全自動・高感度・高解像度で、いまや、ピンボケ写真を撮ることのほうがむずかしくなっている。むしろDebluringの正反対、たとえば、パンフォーカスの(全域にピントがあった)高解像度写真から、いかに美しい玉ボケを作り出すか。スマホやコンデジで高級一眼レフ並みの写真を、というのなら、そちらに注力してもらったほうがよいようにも思う。

かつて世界を席巻したアレ・ブレ・ボケ。いまもロンドンあたりでは森山は人気作家だし、オックスフォードのブラックウェル書店(由緒ただしき大書店)の芸術本店舗の写真コーナーにはアラーキーの作品が山積み^^。

24/Mar 追記)
引越完了。今度の家は天国のよう(家賃+住民税は前とほぼ同じ)。前の家は、まことに詐欺にひっかかったようなものだが、まぁ、もう、怒りよりなにより、貧しく強欲で醜い英国人を憐れむ気持ちでいっぱいの今日この頃^^。
前の家のlandlord(大家)は老女でとうとう一度も顔を見せなかったが、今度の大家は入居後すぐに挨拶に来てくれた。50代前半くらい?の実業家(ただし、二世かも?)という趣の好漢、すぐに打ち解けることができた。この人ならだいじょうぶだろう、たぶん。

英語学校の日本支部マネージャとやらをしている姪が英国出張に来ていたらしい。帰国前に会えないかというメッセージが早朝に届く。今日はロンドンで講演会聴講(10:00〜17:00)、ランチブレイクにもけっきょく都合がつかなかったが、なんだか、すごく頑張ってるなぁ。。